最新情報

【コラム】どんぶり勘定な社長の末路

記帳処理は自社で経理社員が行い、毎月税理士にデータを提出し、決算時には税理士のアドバイス通りに決算書を作成する社長はいらっしゃいませんか?
また、毎年黒字になって安心している社長はいらっしゃいませんか?

現在、倒産企業のうち3割が黒字倒産と言われております。
その原因を見ると決算書を正しく作って黒字になっても、なぜかお金が足りないと感じている状態や実態を把握されずに適切な対応をとっていないケースがほとんどです。そして実態とはつまり、実際のお金の流れのことです。

 

例えばこんな事例がありました。
この社長は数年前まで事業が非常に厳しかったのですが、何とか立ち直り、ここ数年は毎年利益を出していました。税理士からは「今年も黒字になりました」という報告を受けています。
しかしなぜか毎年銀行から新規借入をしてました。決算書上は黒字になっていたので、自分の感覚が間違っているかと思い、理由を探らずにいた状態でした。

そして、毎年借入を続けているうちに、借入総額が膨らんでいく一方となり、さらには金利の条件も厳しくなって支払利息の負担が大きくなり、利益を出すのも厳しくなってきました。
そんな社長が弊社に相談にいらっしゃいました。

話を聞くと、
「毎月の利益は把握している」
「銀行はお金を貸してくれるから安心していた」
「でもなぜか資金繰りが苦しい」
という3つのキーワードがありました。実態を確認したところ、

  1. 利益が出ていても、利益以上に銀行への返済があった
  2. 実は債務超過に陥っており、これ以上銀行はお金を貸してくれなさそう

という状態でした。
結局、この会社は利益が出ているのに関わらず、役員報酬を0にして、さらに銀行に返済の交渉をするなどして持ち直しましたが、そのままの状態であれば、銀行はお金を貸してくれず倒産となり、また倒産後には借金が連帯保証人である社長個人に重く圧し掛かるという状態でした。

 

ここで言う「ドンブリ勘定な社長」とは、脱税行為や粉飾決算をしているわけでもなく、黒字である現状に安心している社長のことを指します。

本来、経営者は実際のお金の動きを正しく把握していなければなりません。
ところが、現在多くの会社が作成している決算書とは、「税金の計算をするためのもの」がほとんどなのです。(ここが少しつながらないが…)
資金繰りが厳しい原因に共通しているのが「どんぶり勘定」であることです。

毎月利益はいくら出ているのか?
売掛金などのお金は正しく入金されているのか?
毎月増えた現金で銀行への返済ができているのか?
会社の資産はいくらなのか?
負債はいくらなのか?
純資産はいくらなのか?
キャッシュフロー増減はどうなっているのか?

実態を掴まなければ正しい経営判断ができません。
投資すべきなのか?借りるべきなのか?5年後10年後はどうするのか?どんぶり勘定のどこが悪い!と開き直る方は資金繰りで困らない人であり、資金がショートしており倒産寸前という人ほど、本当に会社が倒産してしまうことを避けたいなら、損益計算書の増減だけではなく、実際のお金の流れと会社の実態を正確に掴む必要があります。

最新情報一覧

2018.10.31
【出版】オーナー社長と資産家必読 社長の節税と資産づくりが これ1冊でわかる本
2018.10.31
1日公庫開催のご案内
2016.11.11
1日公庫開催のご案内
2016.10.05
NHKカルチャー梅田教室「賢い相続」講座のお知らせ
2015.06.20
【コラム】キャッシュフロー計算書とは
2015.06.04
【コラム】損益計算書(P/L)とは
2015.05.19
【コラム】会社の人事評価について
2015.05.04
【コラム】社長目線で見る企業の退職金について
2015.04.20
【コラム】資金繰りを改善するにはどんなときにリスケジュールすべき?
2015.04.04
【コラム】資金繰りを改善するには

全てを表示

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

料金案内

マイコモン

出版物一覧

相続贈与で節税できる本

相続贈与で節税できる本

相続贈与で節税できる本

なぜ、いい税理士を顧問にすると、銀行はお金を貸したがるのか

なぜ、いい税理士を顧問にすると、銀行はお金を貸したがるのか

相続の税金と対策

相続の税金と対策

社長、税務調査の損得は税理士で決まる!

社長、税務調査の損得は税理士で決まる!

事務所案内

地図を表示する

取り扱い内容

前田税務会計事務所サービス方針「5つのS」

スピーディー

迅速な作業でお客様のご要望に速やかにお応えします。

正確

ダブルチェックで正確な数値をご提供します。

説明

むつかしい税務や決算をわかりやすくご説明します。

親身

お客様の立場に立って親身に考え、行動します。

紹介

前田税務会計事務所のネットワークで各分野のプロフェッショナルをご紹介します。

(株)日本M&Aセンター

エプソン会計ソリューション

会計ソフト「MFクラウド会計」

ビジネスリンク
便利
地図:MapFan Web
時刻表:どこなび
宿泊:旅の窓口
天気:Yahoo!Weather
ソフト:Vector
情報
日本経済新聞社
朝日新聞
読売新聞社
毎日新聞社
産経新聞社
税務
タックスアンサー
官公庁
財務省
国税庁
金融庁
厚生労働省
国土交通省
中小企業庁
法令データシステム
サービス対象地域
大阪市、堺市、東大阪市、
神戸市、尼崎市、西宮市、
芦屋市など大阪府、兵庫県を中心とした近畿各地。
名古屋・東京方面も対応可能です。
Copyright © 前田税務会計事務所 All Rights Reserved.