最新情報

【コラム】問題社員

近年、人材育成に力を入れている会社が増えてきておりますが、問題社員についての相談を受けることも多々あります。
問題社員の行動の法律上の見解と対処策についての事例をお話させていただきます。

遅刻、早退、無断欠勤

法律上の問題

遅刻や無断欠勤、虚偽の理由による早退は、本来果たすべき労働契約上の義務を果たせていないため、当然、労働契約の債務不履行すなわち普通解雇事由にあたります。
そうなると、次の問題は、会社としてはどのような手続きをとって解雇にすべきか、どこまでやれば解雇権の乱用と判断されないか、という点です。

対処方法

会社としては、遅刻や無断欠勤、早退に関する所定の手続きを就業規則に定め、社員がそれに違反するたびに書面で注意し、出勤停止などの懲戒処分を経た上で、懲戒解雇とすることになります。
また無断欠勤の場合は、それ自体が企業秩序を乱すものとして懲戒事由に該当しますが、懲戒解雇まで踏み切れるかどうかは、やはりケースバイケースです。
業務が原因ではない病気やケガがある場合は、診断書などを提出させた上で休職させ、退職もしくは普通解雇にもっていくのが望ましいです。

 

最新情報一覧

2018.10.31
【出版】オーナー社長と資産家必読 社長の節税と資産づくりが これ1冊でわかる本
2018.10.31
1日公庫開催のご案内
2016.11.11
1日公庫開催のご案内
2016.10.05
NHKカルチャー梅田教室「賢い相続」講座のお知らせ
2015.06.20
【コラム】キャッシュフロー計算書とは
2015.06.04
【コラム】損益計算書(P/L)とは
2015.05.19
【コラム】会社の人事評価について
2015.05.04
【コラム】社長目線で見る企業の退職金について
2015.04.20
【コラム】資金繰りを改善するにはどんなときにリスケジュールすべき?
2015.04.04
【コラム】資金繰りを改善するには

全てを表示

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

料金案内

マイコモン

出版物一覧

相続贈与で節税できる本

相続贈与で節税できる本

相続贈与で節税できる本

なぜ、いい税理士を顧問にすると、銀行はお金を貸したがるのか

なぜ、いい税理士を顧問にすると、銀行はお金を貸したがるのか

相続の税金と対策

相続の税金と対策

社長、税務調査の損得は税理士で決まる!

社長、税務調査の損得は税理士で決まる!

事務所案内

地図を表示する

取り扱い内容

前田税務会計事務所サービス方針「5つのS」

スピーディー

迅速な作業でお客様のご要望に速やかにお応えします。

正確

ダブルチェックで正確な数値をご提供します。

説明

むつかしい税務や決算をわかりやすくご説明します。

親身

お客様の立場に立って親身に考え、行動します。

紹介

前田税務会計事務所のネットワークで各分野のプロフェッショナルをご紹介します。

(株)日本M&Aセンター

エプソン会計ソリューション

会計ソフト「MFクラウド会計」

ビジネスリンク
便利
地図:MapFan Web
時刻表:どこなび
宿泊:旅の窓口
天気:Yahoo!Weather
ソフト:Vector
情報
日本経済新聞社
朝日新聞
読売新聞社
毎日新聞社
産経新聞社
税務
タックスアンサー
官公庁
財務省
国税庁
金融庁
厚生労働省
国土交通省
中小企業庁
法令データシステム
サービス対象地域
大阪市、堺市、東大阪市、
神戸市、尼崎市、西宮市、
芦屋市など大阪府、兵庫県を中心とした近畿各地。
名古屋・東京方面も対応可能です。
Copyright © 前田税務会計事務所 All Rights Reserved.